包茎手術で悩み解消|コンプレックスを自信に変える

男女

手術を受けるか否か

悩み

包茎は、ペニスの先である亀頭に包皮が被っている状態を指します。この包茎状態にある男性の割合は、日本人男性の約6~8割と言われており、諸外国の男性と比べると多いと言われています。ちなみに諸外国が日本と比べて包茎治療を受ける必要がないのは、割礼と呼ばれる方法で被っている包皮を除去する手術を幼少期に行なう習慣があるからです。アメリカやアフリカ、韓国などではポピュラーな儀式であり大人になってから包茎手術を受けることは少ないようです。しかし、日本ではこの割礼の儀式は一般的に浸透していないことから、包茎に悩まされている男性が自主的に包茎手術を受けるという方法が選ばれていて専門クリニックの需要があります。そこで、名古屋では近隣地域を始めとして、包茎に悩む男性が訪れるクリニックがたくさんあります。

包茎であることから、たちまち包茎手術を受ける必要性があるかどうかで見ると決してそういうわけではりません。むしろ、包茎の中でも多いと言われている仮性包茎は包茎手術を受けなくて問題ないケースの方が多いです。しかし、包茎は種類や状態によってペニスの先である亀頭やカリ首の部分が不潔になり、ニオイや汚れが溜まりやすい状態になります。ここから性病を患ってしまう可能性が高まることから、包茎手術の必要性があると認知されるようになりました。名古屋で人気のクリニックも、衛生面の観点から包茎手術の必要性を説いています。この点については、コンプレックス除去だけではなく、根拠ある説明をしてくれるところが、名古屋での人気につながったといえます。また、重症度が高い真性包茎やカントン包茎の場合は、仮性包茎と比べると亀頭への圧迫から生殖器の障害に発展することもあります。その為、真性包茎やカントン包茎においては包茎手術の必要性が高いようです。包茎手術を受けるかどうか悩んだなら、まずは名古屋のクリニックをよく調べて、名古屋ではどのような治療を受けられるのかを知り、名古屋のクリニックへ足を運ぶ時間を確保するのが悩み改善の第一歩です。